未分類

5b60fc5838cbbd12c2495d68729b90d2_s

その1はコチラ
その2はコチラ

さて、どうやってその相違点を埋めていくのでしょうか?

まずはアスリート。

アスリートの主張のほとんどは練習時間が欲しいということと、遠征や合宿などの費用負担、そして給与です。

ちなみに、ザッツがアスリートの競技続行を支援してくれる企業を探す場合は、基本的にアスリートに以下の内容を最低限承諾してくれることを予めお伝えします。

・基本的に週5日(週40時間)は働くこと
・引退後はその企業で継続して働くこと
・入社時の年収はその年齢の平均給与が上限
・入社後は社員として働くという自覚を持つこと

以上4つです。

次に企業には以下の内容をお願いしています。

・遠征、合宿、試合を優先
・大きな試合の前の時短勤務
・遠征費、合宿費、用具費など競技費用の一部もしくは全部負担
・遠征、合宿、試合による欠勤は出勤扱いとする
・正社員として登用する
・競技で大きな成果を出した時には報奨金
・週5日(週40時間)以上の労働は極力させない

以上の7つです。

そして、具体的にアスリートの競技費用や、休まないといけない日などをお伝えするとこんな反応が返ってきます。

「思ったよりコストはかからないし、意外と働いてくれるね。」

実は、企業はアスリートを抱えると桁違いの費用がかかり、しかもほとんど働いてくれないと思っているのです。そして、それがアスリートの雇用を妨げる要因の一つとなっています。

ちなみに1例として、とあるアスリートに挙げてもらった競技費用と労働条件が以下の通り。

・競技種目 陸上競技
・給与条件 年収300万円程度(年齢20代)
・競技費用 年間30万円程度(遠征交通費、合宿費、練習費、用具費込)
・労働条件 休日以外の欠勤:年間20日程度(主に日本代表合宿など)
      時短勤務:週1日(4?10月)+年間20日程度(大きな大会前)

どうでしょう?
意外と経費がかからず、そこそこ働く印象ではないでしょうか?
もちろん競技の内容によっては、もっと競技費用がかかったり、休みを必要とする競技もありますので、あくまでも参考例ですが、意外とこんな感じです。

もちろんアスリート側からは、もっと時短勤務や勤務日数を減らして欲しいという要望があるのですが、実際にどのくらいトレーニングをしているのかをもう一度洗いなおしてもらい、トレーニングをより効率的にコンパクトにまとめてもらうことで、意外と実現しています。

このようにトレーニングを限られた時間で行うことで、無駄なく集中して競技と向き合うことができ、また、仕事も限られた時間で効率的に集中して行うことで、業務効率化につながります。

プロやメジャー競技のトップ選手とアマチュアスポーツはそもそも置かれている立場が違うのであって、それと同じ条件と考えてしまっては、支援してくれる企業が現れないのも当たり前です。しかも、アスリートだって、プロもしくはセミプロのような条件で就業したは良いが、引退してもセカンドキャリアを形成できないという現実もある。

特に日本ランク3位以下の選手や、マイナー競技のトップ選手が、企業から支援を受けることは非常に難しい。それが現実です。
ただ、日本のスポーツをさらに強くするためには、こういったアスリートが活躍できる環境を整えて、底上げを図らなければならない。

そのためにも、アスリートも企業側の意向を理解し、そして企業側にもアスリートの現状を知ってもらうことで、お互いが歩み寄り、共存共栄をしていくようにしていかなければならないのではないかと思っています。

現実として、企業が丸抱えしていた従来の実業団というシステムは崩壊しつつあり、年々廃部に追い込まれています。そのシステムに乗っかっていた所属選手の解雇も相次いでおり、しかもセカンドキャリアの形成ができていない。従来のようにスポーツだけやっておけばよいという企業側の甘やかしと、それに甘えたアスリートという関係は、すでに崩壊しつつあるのです。

そもそもアスリートは人並み以上の集中力と、競技で培った幅広い人脈で、ビジネスマンとしても能力も高いはず。であるならば、現役中は最低限人並みに働き、引退後はビジネスの最前線で活躍できる人間になったほうが、アスリート自身にとっても良いのではないでしょうか?

そして、そのようなことが広まることで、アスリートを受け入れても良いという企業が増え、雇用が増えれば、最終的には日本のスポーツの底上げにつながるのではないでしょうか?

2020年東京オリンピックに向けて、一人でも多くのアスリートが活躍できるように、ザッツは雇用でアスリートを応援していきます!

 

■体育会学生・アスリートの人材紹介ならザッツ■

体育会学生・アスリートの求職者向けサイト
www.za2.jp

採用企業向けサイト
www.za2.co.jp

流した汗は嘘をつかない。
さあ、次の舞台へ
アスリートの人材紹介・就職サポート
ザッツ株式会社

7d088978daf2d90aec096d1b54d7a875_s

その1はコチラ

では、アスリートと企業の考え方の相違点とはいかなるものか。

まず、社会人アスリートと言っても
プロとアマ
日本1位と日本3位以下
メジャー競技とマイナー競技
個人種目と団体種目
夏季オリンピックと冬季オリンピック
などなど・・・

それぞれが置かれた立場によって、アスリートが求めてくるものと企業が求めるものは全然違ってきます。

例えば、プロとアマ。
プロは1日中競技に集中していれば良いですが、競技成績が下がれば、それでおしまいです。

なぜなら、メジャーな試合に出る回数が減って露出度が減るためです。
プロ野球やプロサッカーなどを見ていれば分かると思います。

その他にも個人でプロを名乗る人もいます。
こういった方々は自分の競技成績やマスコミなどへの露出度を武器に、企業に宣伝活動などの一環として資金を提供してもらいます。
もちろん自分で営業活動を行い、一生懸命支援先を探しておられます。
要はプロは宣伝広報活動の一環として捉えられるケースが多いのです。

対してアマは、企業や団体に所属し、その職員として給与をもらいながら、競技を続けることになります。
当然、給与は労働の対価として発生するものですので、働かなければ給与はもらえません。
もちろん競技よりも仕事が優先です。
その中で、社会人アスリートとして採用してもらえた場合は、遠征や合宿で仕事に穴を開けても大目に見てくれたり、大事な試合前に時短勤務を許してくれたりするわけです。
ですので企業は、宣伝というよりは、社威発揚や社員の団結力強化、また社会貢献活動(CSR)の一貫として捉えているのです。

ですがアスリート側からは、プロアマ問わず、世界と戦うためには週1日くらいの就業環境が良いとか、午前だけの仕事が良い、報奨金が欲しい、遠征費や合宿費用を補填して欲しいなどの要望が出てきます。
その要望自体はいいと思うのですが、アマの場合はやっぱり条件付きじゃないのかと思うのです。

アマの社会人アスリートの場合、その費用を捻出するのは、競技団体なり、所属する企業です。

競技団体はあくまでもその競技の振興を目的として作られた団体ですので、費用を捻出するのは当然だと思います。

ですが、企業はその義務もなければ、損得勘定が働かないものへ投資することなどあり得ません。
企業からすれば、儲けが出れば社員に還元するなり、事業へ投資するなりして、社業発展のためにお金を投資したいわけです。
当然、アスリートの都合だけを主張したところで、受け入れてくれる企業などありません。

そのため、ザッツでは冒頭の通り、その相違を埋めることからスタートするのです。

では、どのようにその相違を埋めていくのか。
それは次回。

 

■体育会学生・アスリートの人材紹介ならザッツ■

体育会学生・アスリートの求職者向けサイト
www.za2.jp

採用企業向けサイト
www.za2.co.jp

流した汗は嘘をつかない。
さあ、次の舞台へ
アスリートの人材紹介・就職サポート
ザッツ株式会社

asano_hanhan_01 (1)2
最近、大学を卒業してもアスリートとして続けられる就職先を探している、もしくは、社会人アスリートとしてもっと優遇してくれるところを探しているという相談を受けます。

ザッツはアスリートの就活を応援する会社ですので、もちろんそのような相談は大歓迎です。

ですが、アスリートと企業の考え方には大きな相違があります。
実はその相違をどうやって埋めていくのかが、非常に難しい問題です。
そのためザッツでは、まず相違の部分を埋めることからスタートします。

アスリートと企業が分かり合えなければ、雇用は生まれません。
アスリートを雇用できる環境が生まれなければ、アスリートが活躍することもできなくなります。

まずはその相違点を探り、お互いの相互理解を深めることが必要です。

では、その相違とは何か?
それは次回。

 

■体育会学生・アスリートの人材紹介ならザッツ■

体育会学生・アスリートの求職者向けサイト
www.za2.jp

採用企業向けサイト
www.za2.co.jp

流した汗は嘘をつかない。
さあ、次の舞台へ
アスリートの人材紹介・就職サポート
ザッツ株式会社

?

 

もう5月の事ですが、私の子供たちの通う小学校の運動会がありました。

五月晴れの中、いきいきとした子供たちの様子をみていると、思わず大声を張り上げてしまいました。

さて、この運動会も含め、日本の学校体育の授業は、将来オリンピックで活躍できる選手の育成にも繋がっている、と言っても過言ではないぐらいのアドバンテージを持っています。

 

ヨーロッパなどでは、イギリスを除ば、ほとんど体育という授業はありません。

みんな、学校から帰ると各々が所属する『クラブチーム』の練習に出かけます。

となりの家の子がやっているからサッカーなど、本当に自分の特徴を客観的に見て、自身にどのスポーツが向いているかなど、あまり深く考えていません。

 

その点、日本では、幼い頃から体育という授業に触れ、球技が得意、走るのが速い、鉄棒が好きだ!などと「気づきの場」を与えてもらっているのです。

実際、体育の授業で自分の長所を見つけ、オリピックに出場した選手もいます。

また、学校体育としてだけで終わらせるのではなく、その後も地域コミュニティがもっとサポートして行く体制を作る事が、大切だと思います。

企業に頼り切りでは、日本スポーツのさらなる発展は望めないように感じます。

 

■体育会学生・アスリートの人材紹介ならザッツ■

体育会学生・アスリートの求職者向けサイト
www.za2.jp

採用企業向けサイト
www.za2.co.jp

流した汗は嘘をつかない。
さあ、次の舞台へ
アスリートの人材紹介・就職サポート
ザッツ株式会社

 

13592828_1347543681927201_7323652286559213726_n

国際武道大学で、3年生を対象とした、就職活動講義を実施させて頂きました。
講義が始まった頃は、まだ就活という現実があまりピンと来ないという感じが見えましたが、アスリートの学生に必要な就活スキルとは何か、普通の学生との違い、部活と就活の両立などについてなど、アスリートの学生のための内容を中心に講義を行わせて頂くうちに、顔つきが真剣になっていくのがよくわかりました。

就活は早いに越したことはありませんが、ただ闇雲にやればいいというものでもありません。
部活が忙しく、なかなか就活に時間を割くことができない学生も多く存在します。
講義を通して、少しでも部活と就活を両立できるように、アスリートとして必要な就活スキルを身につけ、効率的に就活に取り組めるように協力できればと思っております。

ザッツではこのような講義を無料で行なっております。
ご興味がおありの方は、ぜひ下記までご依頼ください。

◆お問い合わせはコチラ◆
subInquiryBtn

 

■体育会学生・アスリートの人材紹介ならザッツ■

体育会学生・アスリートの求職者向けサイト
www.za2.jp

採用企業向けサイト
www.za2.co.jp

流した汗は嘘をつかない。
さあ、次の舞台へ
アスリートの人材紹介・就職サポート
ザッツ株式会社

6月1日の選考解禁に伴い、17卒の就活もいよいよ終盤戦となっているところですが、街には次の18卒のインターンシップ解禁を謳う大手就活サイトのポスターがいたるところに貼られているのを目にするようになってきました。

それもあってか、ザッツにも18卒の学生からの登録がチラホラと出てきており、3年生向けに大学で就活講義を頼まれるケースも増えてきました。

そんな時に学生からよく質問されるのが
「インターンシップに参加する必要があるのか?」
ということ。

ですが、真面目に競技に取り組む体育会系の学生は、これから秋のシーズンに向けて必死にトレーニングを行う時期で、そんな暇はありません。
それを犠牲にしてまでインターンシップに参加する必要はあるのでしょうか?

答えは「否」です。

それはなぜか?

無目的にインターンシップに参加しても意味が無いからです。
ちなみにインターンシップには主に3つの種類があると言われています。

1,採用直結の事前選考インターンシップ
インターンシップという名の採用選考で、実際に働いてもらってポテンシャルを確かめることによって、事前に選考を行い、内内々定のようなものを与え、青田買いにするケース。

2,企業イメージ向上のためのインターンシップ
インターンシップというより会社説明会のようなインターンシップ。
インターンシップという名のもとにたくさんの学生を集めて、会社見学などを行い、企業イメージを良くすることで、3月のエントリー解禁時にエントリーへ促すというケース。

3,アルバイト労働力としてのインターンシップ
その名の通り、アルバイト労働力としてインターンシップを利用しているケース。
採用には直結しないケースが多い。

この3つのインターンから見てもわかるように、1,のようなインターンシップであれば参加するメリットはあると思いますが、2,の場合も興味があれば会社説明会に行けばいいだけですし、3,に至っては単なるアルバイトです。

なので、「どうしても入りたい特定の企業がある」とか「時間が余ってしょうがない」という学生にはインターンシップの中身を判断した上で参加を促していますが、それ以外の学生、特に体育会系の学生はインターンシップに参加する時間があったら、もっと真剣に部活に取り組むように話をしています。

なぜなら、就活ではむしろ、学生時代に真剣に取り組んだエピソードをしっかり話せるほうが有利だからです。

ただただ、ダラダラと学生時代を過ごした普通の学生と違い、体育会系の学生は部活に4年間真剣に取り組んだという素晴らしい体験があります。

就活は確かに早くやるに越したことはありません。
ですが、それはインターンシップではなく、企業研究や自己分析です。

無目的にインターンシップに参加するのではなく、部活に真剣に取り組み、時間を見つけて企業研究や自己分析に取り組むほうが、就活には有益な時間の使い方だと思います。

■体育会学生・アスリートの人材紹介ならザッツ■

体育会学生・アスリートの求職者向けサイト
www.za2.jp

採用企業向けサイト
www.za2.co.jp

流した汗は嘘をつかない。
さあ、次の舞台へ
アスリートの人材紹介・就職サポート
ザッツ株式会社

13620024_1347543965260506_1294745860038236811_n

国士舘大学の町田キャンパスで、3年生を対象とした、就職活動講義を実施させて頂きました。
アスリートの学生に必要な就活スキルとは何かなど、アスリートの学生のための内容を中心に講義を行わせて頂き、普通の学生との違いや、部活と就活の両立などについてわかりやすく解説させてもらいました。

ザッツでは今後このような講義を無料で行なっております。
ご興味がおありな指導者の皆様、学校関係者の皆様、学生の皆様。
ぜひ、ご依頼をお待ち致しております。

■体育会学生・アスリートの人材紹介ならザッツ■

体育会学生・アスリートの求職者向けサイト
www.za2.jp

採用企業向けサイト
www.za2.co.jp

流した汗は嘘をつかない。
さあ、次の舞台へ
アスリートの人材紹介・就職サポート
ザッツ株式会社

7月に入りました。
選考が進んで内定もいくつか取れて、そろそろ自分に最終結論を出すという学生も多いのでは無いでしょうか?

そんな中、未だに何をやりたいのかがわからないという学生もいます。

就活すればするほど、自分が何をやりたいのかわからない。
そんな学生が意外と多いようです。

ザッツでもそんな相談をたくさん受けます。

そんな時は【自己分析】をしたほうが良いというお話をします。
でもこの時期に【自己分析】ってどうやったら良いでしょう?

【自己分析】自体は本来、就活を始める前に行うことが一般的です。
ですが、会社説明会や面接を受けてみると、イメージと違った。
などということはよくある話です。

この時期に迷ってしまう学生の大半はそれで自分が何者なのか?
何をやりたくて就活をやってるのかがわからなくなってしまいます。

通常【自己分析】とは、
自分は何が好きか?
自分とはどんな人物か?
自分の経験とは何か?
などを分析し、自分が向いていそうな業界を絞り、受ける会社を選定していく作業です。

ですが、もうこの時期にこれをやっても、さらに迷うだけです。
そこで、【逆の自己分析】が必要になります。

【逆の自己分析】とは何か?

それは、
【自分が嫌いなこと】
【やりたくないこと】
をひたすら挙げてみる作業です。

実はせっかく就職しても3年以内に30%以上の方が離職すると言われています。

原因は何か?

それこそが【逆の自己分析】ができていないことによる離職です。
好きなことや、やりたいことを追求して企業を決めたはいいけど、実際に働いてみると理想と現実は違った。というのはよくある話しです。

【逆の自己分析】は非常に重要な自己分析です。

ですが、この自己分析はある程度、会社説明会や面接などを経て、各企業のことを知らないとできない部分も多いという側面もあります。

というのも、学生はまだ正社員として働いたことがないからです。

働いたことがないので、給与条件や残業、休日、働く環境、企業と社会との関わりなど、知らないことだらけです。

会社説明会や面接の経験を経て、それを少しずつ知っていくことができます。
だからこそ、会社説明会や面接に参加した経験がある今こそ【逆の自己分析】なのです。

ですが、もっと深く分析をしたいのであれば、専門家にお願いして聞いてもらいながら自己分析するのが一番だと思います。

ザッツでは【逆の自己分析】を一緒にやってほしいというご相談にも応じています。

もし迷っているなら、一度ザッツまでご相談ください。
一緒に就活を就勝に変えていきましょう!

 

■体育会学生・アスリートの人材紹介ならザッツ■

体育会学生・アスリートの求職者向けサイト
www.za2.jp

採用企業向けサイト
www.za2.co.jp

流した汗は嘘をつかない。
さあ、次の舞台へ
アスリートの人材紹介・就職サポート
ザッツ株式会社

6月も終盤。
17卒の内定率もすでに50%を超えているという調査結果も出ており、今年は昨年よりもスピードが早まっていることを実感しております。

ですが、教職や公務員の試験はこれから。

ここで一つ問題なのが、教職と公務員しか受けないという学生です。
特に体育系学部の学生は教職一本という学生が多く存在します。

一途なことは良いですが、もしも落たら・・・。

ちなみに教職や公務員の1次試験の結果が7月末頃、最終試験の結果が9月か10月頃です。

人気がある職種は、先に募集が終了するわけですから、試験に落ちてから一般企業を受けなおしても、時期的に希望の職種はないという状況になりかねません。

そのようなことからも、リスクヘッジを考えるならば、やはり就活も同時に並行して行うべきだと思うのです。

ですが、就活するとなると、試験日程や結果日程に合わせて、内定返答時期を調整したり、試験日程を調整したりする必要が出てきます。しかもそれを学生自身が行うのは勇気も要りますし、百戦錬磨の大人を相手に交渉するのは容易なことではありません。

実はザッツでは、このような事情を抱える学生のために、学生に成り代わり、エージェント(代理人)として、企業と試験日程調整や内定承諾の調整などを行っています。(※)

浪人をしてでも絶対に教職や公務員になるという学生は別ですが、落ちたら就職しようと少しでも考えている学生には、ぜひ利用して欲しいと思う今日このごろです。

※但し、ザッツが直接交渉を行えるのはザッツの紹介企業のみです。
※ザッツの紹介企業以外はアドバイスのみとなります。

■体育会学生・アスリートの人材紹介ならザッツ■

体育会学生・アスリートの求職者向けサイト
www.za2.jp

採用企業向けサイト
www.za2.co.jp

流した汗は嘘をつかない。
さあ、次の舞台へ
アスリートの人材紹介・就職サポート
ザッツ株式会社