月次アーカイブ: 7月 2016

13592828_1347543681927201_7323652286559213726_n

国際武道大学で、3年生を対象とした、就職活動講義を実施させて頂きました。
講義が始まった頃は、まだ就活という現実があまりピンと来ないという感じが見えましたが、アスリートの学生に必要な就活スキルとは何か、普通の学生との違い、部活と就活の両立などについてなど、アスリートの学生のための内容を中心に講義を行わせて頂くうちに、顔つきが真剣になっていくのがよくわかりました。

就活は早いに越したことはありませんが、ただ闇雲にやればいいというものでもありません。
部活が忙しく、なかなか就活に時間を割くことができない学生も多く存在します。
講義を通して、少しでも部活と就活を両立できるように、アスリートとして必要な就活スキルを身につけ、効率的に就活に取り組めるように協力できればと思っております。

ザッツではこのような講義を無料で行なっております。
ご興味がおありの方は、ぜひ下記までご依頼ください。

◆お問い合わせはコチラ◆
subInquiryBtn

 

■体育会学生・アスリートの人材紹介ならザッツ■

体育会学生・アスリートの求職者向けサイト
www.za2.jp

採用企業向けサイト
www.za2.co.jp

流した汗は嘘をつかない。
さあ、次の舞台へ
アスリートの人材紹介・就職サポート
ザッツ株式会社

6月1日の選考解禁に伴い、17卒の就活もいよいよ終盤戦となっているところですが、街には次の18卒のインターンシップ解禁を謳う大手就活サイトのポスターがいたるところに貼られているのを目にするようになってきました。

それもあってか、ザッツにも18卒の学生からの登録がチラホラと出てきており、3年生向けに大学で就活講義を頼まれるケースも増えてきました。

そんな時に学生からよく質問されるのが
「インターンシップに参加する必要があるのか?」
ということ。

ですが、真面目に競技に取り組む体育会系の学生は、これから秋のシーズンに向けて必死にトレーニングを行う時期で、そんな暇はありません。
それを犠牲にしてまでインターンシップに参加する必要はあるのでしょうか?

答えは「否」です。

それはなぜか?

無目的にインターンシップに参加しても意味が無いからです。
ちなみにインターンシップには主に3つの種類があると言われています。

1,採用直結の事前選考インターンシップ
インターンシップという名の採用選考で、実際に働いてもらってポテンシャルを確かめることによって、事前に選考を行い、内内々定のようなものを与え、青田買いにするケース。

2,企業イメージ向上のためのインターンシップ
インターンシップというより会社説明会のようなインターンシップ。
インターンシップという名のもとにたくさんの学生を集めて、会社見学などを行い、企業イメージを良くすることで、3月のエントリー解禁時にエントリーへ促すというケース。

3,アルバイト労働力としてのインターンシップ
その名の通り、アルバイト労働力としてインターンシップを利用しているケース。
採用には直結しないケースが多い。

この3つのインターンから見てもわかるように、1,のようなインターンシップであれば参加するメリットはあると思いますが、2,の場合も興味があれば会社説明会に行けばいいだけですし、3,に至っては単なるアルバイトです。

なので、「どうしても入りたい特定の企業がある」とか「時間が余ってしょうがない」という学生にはインターンシップの中身を判断した上で参加を促していますが、それ以外の学生、特に体育会系の学生はインターンシップに参加する時間があったら、もっと真剣に部活に取り組むように話をしています。

なぜなら、就活ではむしろ、学生時代に真剣に取り組んだエピソードをしっかり話せるほうが有利だからです。

ただただ、ダラダラと学生時代を過ごした普通の学生と違い、体育会系の学生は部活に4年間真剣に取り組んだという素晴らしい体験があります。

就活は確かに早くやるに越したことはありません。
ですが、それはインターンシップではなく、企業研究や自己分析です。

無目的にインターンシップに参加するのではなく、部活に真剣に取り組み、時間を見つけて企業研究や自己分析に取り組むほうが、就活には有益な時間の使い方だと思います。

■体育会学生・アスリートの人材紹介ならザッツ■

体育会学生・アスリートの求職者向けサイト
www.za2.jp

採用企業向けサイト
www.za2.co.jp

流した汗は嘘をつかない。
さあ、次の舞台へ
アスリートの人材紹介・就職サポート
ザッツ株式会社

13620024_1347543965260506_1294745860038236811_n

国士舘大学の町田キャンパスで、3年生を対象とした、就職活動講義を実施させて頂きました。
アスリートの学生に必要な就活スキルとは何かなど、アスリートの学生のための内容を中心に講義を行わせて頂き、普通の学生との違いや、部活と就活の両立などについてわかりやすく解説させてもらいました。

ザッツでは今後このような講義を無料で行なっております。
ご興味がおありな指導者の皆様、学校関係者の皆様、学生の皆様。
ぜひ、ご依頼をお待ち致しております。

■体育会学生・アスリートの人材紹介ならザッツ■

体育会学生・アスリートの求職者向けサイト
www.za2.jp

採用企業向けサイト
www.za2.co.jp

流した汗は嘘をつかない。
さあ、次の舞台へ
アスリートの人材紹介・就職サポート
ザッツ株式会社

7月に入りました。
選考が進んで内定もいくつか取れて、そろそろ自分に最終結論を出すという学生も多いのでは無いでしょうか?

そんな中、未だに何をやりたいのかがわからないという学生もいます。

就活すればするほど、自分が何をやりたいのかわからない。
そんな学生が意外と多いようです。

ザッツでもそんな相談をたくさん受けます。

そんな時は【自己分析】をしたほうが良いというお話をします。
でもこの時期に【自己分析】ってどうやったら良いでしょう?

【自己分析】自体は本来、就活を始める前に行うことが一般的です。
ですが、会社説明会や面接を受けてみると、イメージと違った。
などということはよくある話です。

この時期に迷ってしまう学生の大半はそれで自分が何者なのか?
何をやりたくて就活をやってるのかがわからなくなってしまいます。

通常【自己分析】とは、
自分は何が好きか?
自分とはどんな人物か?
自分の経験とは何か?
などを分析し、自分が向いていそうな業界を絞り、受ける会社を選定していく作業です。

ですが、もうこの時期にこれをやっても、さらに迷うだけです。
そこで、【逆の自己分析】が必要になります。

【逆の自己分析】とは何か?

それは、
【自分が嫌いなこと】
【やりたくないこと】
をひたすら挙げてみる作業です。

実はせっかく就職しても3年以内に30%以上の方が離職すると言われています。

原因は何か?

それこそが【逆の自己分析】ができていないことによる離職です。
好きなことや、やりたいことを追求して企業を決めたはいいけど、実際に働いてみると理想と現実は違った。というのはよくある話しです。

【逆の自己分析】は非常に重要な自己分析です。

ですが、この自己分析はある程度、会社説明会や面接などを経て、各企業のことを知らないとできない部分も多いという側面もあります。

というのも、学生はまだ正社員として働いたことがないからです。

働いたことがないので、給与条件や残業、休日、働く環境、企業と社会との関わりなど、知らないことだらけです。

会社説明会や面接の経験を経て、それを少しずつ知っていくことができます。
だからこそ、会社説明会や面接に参加した経験がある今こそ【逆の自己分析】なのです。

ですが、もっと深く分析をしたいのであれば、専門家にお願いして聞いてもらいながら自己分析するのが一番だと思います。

ザッツでは【逆の自己分析】を一緒にやってほしいというご相談にも応じています。

もし迷っているなら、一度ザッツまでご相談ください。
一緒に就活を就勝に変えていきましょう!

 

■体育会学生・アスリートの人材紹介ならザッツ■

体育会学生・アスリートの求職者向けサイト
www.za2.jp

採用企業向けサイト
www.za2.co.jp

流した汗は嘘をつかない。
さあ、次の舞台へ
アスリートの人材紹介・就職サポート
ザッツ株式会社