月次アーカイブ: 3月 2015

08b53aa416ee31976cf83515c22e52eb_s

近年、実力や人間力などを重視した、『学歴不問』の採用を打ち出す企業が増えていましたが、16年卒採用では、その傾向が一変しそうです。実は『学歴偏重』が強まる傾向にあるのです。

これはなぜかというと、経団連指針による就活スケジュールの後ろ倒しが影響しているため。

面接解禁となる8月1日直後に内定を出す場合、企業は時間的な余裕を失うため、ターゲット校を決めて効率的に学生との接触を図ろうとしているのです。

そのため、様々な大学の学生が訪れる合同説明会より、特定大学の学生だけを相手にする『学内説明会』を重視する、あるいは、採用実績のある大学だけにリクルーターを派遣するといった企業が増えています。

しかも、各大学の就職課などによると、学生の動き自体が鈍いとの話もあり、このままでは8月1日の面接解禁直後から、内定をもらえずに焦る学生が増える可能性が高く、年末頃まで就活シーズンが続くのではないかとの予測もあり、予断は許せません。

狙いたい業界がある、もしくは大手や特定の企業を狙うということであれば、OB訪問やその業界に強い人物との接触などは必要不可欠で、早めに動くことが肝心となります。行動が早い学生であれば、すでにインターンシップなども行っていることと思いますが、今からの行動開始ではすでに遅いと言っても過言じゃないでしょう。

さらに、中堅、中小企業やベンチャー企業なども採用スケジュールがタイトであるため、すでに去年の年末頃から採用活動を開始しており、学生から内定が断られることも覚悟の上で早期に動き始めています。

そのため、16年卒採用の学生については、3月までに企業研究を行って、見識を広め、大手企業や有名企業だけに注力するのではなく、中堅、中小、ベンチャー企業などの優良企業にも早めにエントリーを行い、有利に就活を展開できるようにしなければなりません。

しかし、すでにもう3月後半。

未だ動いていない。どうやって動けばいいかわからない。

もし、アナタがそうならば、就活のプロにご相談ください。
ザッツは就活支援のプロフェッショナル。
あなたの就活に対する悩みを解決します。

まずは、WEBから登録を。

 

■体育会学生・アスリートの人材紹介ならza2■

体育会学生・アスリートの求職者向けサイト
www.za2.jp

採用企業向けサイト
www.za2.co.jp

流した汗は嘘をつかない。
さあ、次の舞台へ
アスリートの人材紹介・就職サポート
ザッツ株式会社

今回は「ザッツ株式会社」のPHILOSOPHYについてです。

企業には経営理念や企業理念といったものがありますが
ザッツには「za2の思い」というPHILOSOPHYがあります。

PHILOSOPHY(フィロソフィー)とは直訳すると哲学。
企業で言うなら「経営哲学」のようなものでしょうか。

ザッツを設立するにあたり、当初は経営理念のようなものを
掲げようと思っていました。

しかし、我々は人材紹介というビジネスを通じて

「雇用でアスリートを応援する」
「雇用で日本のスポーツを強くする」

ということをテーマに掲げて設立した会社なので、
我々だけが理念を唱えてもしょうがない。

我々が紹介しようとしているアスリート自身にも、
自身の可能性に気づいてもらい、スポーツの素晴らしさを
世に広めてもらいたい。

そのためには、自社の単なる理念ではなく、アスリートに対する思いや
決意のようなものをまとめたものが、ふさわしいのではないか?

そんな風に考えていました。

それを形にしたのが「za2の思い」というPHILOSOPHYです。

company_img_02

----------------------------------------------------------------------------------------
流した汗は
嘘をつかない。

毎日、毎日、汗を流して練習しているアスリート。
毎日、毎日、流した汗が、いつも結果に結びつくわけではない。
毎日、毎日、流した汗が、いつも評価されるわけでもない。
それでも、毎日、毎日、ひたむきに汗を流すアスリート。
もちろん、成績や結果も大切だけど、
毎日、毎日、流した汗が、もっと評価されていいと思う。
毎日、毎日、汗を流す過程にこそ価値がある。

za2 は、そんなアスリートの流した汗の価値を知っている。
za2 は、そんなアスリートが求められているのを知っている。
za2 は、そんなアスリートが社会へ羽ばたく後押しがしたい。
za2 は、そんなアスリートが日本を元気にすると信じている。
za2 は、そんなアスリートの専属キャリアコンシェルジュ。

毎日、毎日、流した汗が、これからモノをいう。
流した汗は嘘をつかない。

さあ、次の舞台へ
----------------------------------------------------------------------------------------

日本のスポーツを強くするためには、アスリートが安心して競技に専念できる
環境作りが肝心です。

その一つが雇用の安定だと思います。

可能性を秘めたアスリートを世に送り出す。
アスリートの価値をもっと世の中の人に知ってもらいたい。
アスリートにも世の中のことを知ってほしい。
アスリートにも自分の価値を高めてもらいたい。
だから、その手助けをする会社を作りたい。

ザッツはそんな思いから生まれた会社です。

これからも、1人でも多く、そして1社でも多く、アスリートと企業を
つなぐことで、
アスリートの雇用の安定と、日本のスポーツの発展に
寄与していきたいと思います。 

 

■体育会学生・アスリートの人材紹介ならza2■

体育会学生・アスリートの求職者向けサイト
www.za2.jp

採用企業向けサイト
www.za2.co.jp

流した汗は嘘をつかない。
さあ、次の舞台へ
アスリートの人材紹介・就職サポート
ザッツ株式会社

0a84c4bbbfd88c89affb27da67464d4c_m

ザッツでは登録面談を行う時に今までの競技成績を一覧にしたものを持ってきてもらうようにしています。

なぜかというと、それは『プロフィール』を作ってもらうため。

実は『プロフィール』があれば、それを起点に履歴書やエントリーシートなども書きやすくなります。
しかも、
それを履歴書に添付することもできるため、非常に便利なのです。

そのため、ザッツでは学生に競技成績を一覧にしたものを用意してもらい、一つ一つ紐解きながら、『プロフィール』を書くためのお手伝いをさせていただいています。

なぜこんなことを始めたかというと、実は学生からの相談の中で、履歴書の中の『自己PR』の書き方がわからないという相談が意外に多かったから。

自分が今までやってきたことのどこがPRできるポイントなのか、そもそも企業はどんな人物を欲しているかも分からない。
自分の経歴に企業が欲しいと思えるような経歴自体がないので書けないと言うのです。

このことから言えるのは、自分の可能性を客観的にみることができていないということ。

確かに新卒の場合、職歴がないため、中途採用の転職者のような『職務経歴書』がありません。しかも、職務経験自体がないので、自分が経験してきたこと自体、

『何がアピールポイントなのか?』 
『そもそも世の中の企業が自分の経歴に何を求めているのか?』 

わからなくて当然なのです。

そのため、競技成績をもとに、ザッツのキャリアコンシェルジュが、学生と直接対話し、一つ一つの競技成績をもとに話を進めながら、自分が頑張ってきたこと、苦労してきたことを思い出してもらい、頑張ってきたことが社会の求める自分のヒューマンスキルなのだということに気づいてもらっているのです。

そして、それを『プロフィール』として時系列で並べ直し、分かりやすく整理してもらうことで、就活への自信につなげてもらっています。

この『プロフィール』をひとつ作っておけば、今まで起こった主な出来事を自分の苦楽のストーリーとともに整理することができます。
そのため、
各企業が求める人物像に合わせて、エントリーシート、履歴書、各企業から提出を求められる自己紹介書や志望動機なども書きやすくなります。また、企業へ提出する書類に、この『プロフィール』を挟んでおくことで、相手企業の担当者にも自分をわかってもらいやすくなるのです。

このように『プロフィール』は就活の万能調味料のようなもので、非常に便利なものになります。

ちなみにザッツは体育系の登録者がメインなので、競技成績をもとにプロフィールを作成してもらってますが、そうでない学生でも、学業やアルバイト、サークル、イベント活動などの経験から応用できます。

しかし、学生がこれを一人でやるのは結構大変で、どうしても独りよがりなものになりがちです。やはり第3者の目からみた客観的な意見や、企業の担当者に近い『社会人』に意見を求めながらやるほうが得策だと思います。

ザッツはプロのキャリアコンシェルジュ。
ご相談には無料で応じていますので、就活生はこの機会にザッツの無料就活診断を受けてみてはいかがでしょうか?

▼個別無料就活診断に応じています。まずはWEB登録を!▼

■体育会学生・アスリートの人材紹介ならza2■

体育会学生・アスリートの求職者様向けHP
www.za2.jp

企業様向けHP
www.za2.co.jp

流した汗は嘘をつかない。
さあ、次の舞台へ
アスリートの人材紹介・就職サポート
ザッツ株式会社

0ac07f98b01a06e0401c0a2a1f387d58_m

体育系学部に所属するほとんどの学生は、6月になると教育実習に行きます。
もちろん保健体育の教員の資格を取るためですが、理由は前回のブログ
体育会の学生は体育教師になるしかないのか?」でも書いた通りです。

実習期間は3週間。
ということで6月の就活は、ほぼできません。
ですが、この教育実習を終えると人が変わったように急に『大人』になります。

なぜか?

それは、初めて『教わる立場』から『教える立場』になるからです。

教育実習ではほとんどの学生が地元の母校へ帰り、自分の後輩たちを教えることになります。生徒たちからは先生と呼ばれ、恩師からは同僚として扱われ、当然のように大人としての振る舞いが求められるのです。

もちろん先生ですから、生徒たちの模範となる行動が求められ、行動の一つ一つに責任が問われます。しかも体育教師は上下関係が厳しく、大学時代の先輩後輩のような関係をそのままに、体育会系ノリを強要されるため、もう一度大学1年生になった気分で3週間を過ごすことになります。

さらに体育の教育実習は授業だけではありません。
夕方からは部活の指導も兼務し、夜は体育教師の飲み会も絶賛開催中。深夜から徹夜で授業計画を立てることもザラです。しかし、頑張って作った授業計画も、保健の授業では目の前で寝る生徒はいるし、体育の授業では浮足立った生徒が団体行動を乱したりして、うまくいかないことだらけ。

こうして地獄(?)の3週間を過ごすわけですが、最後の日には生徒から花束をもらったり、寄せ書きをもらったりして、感動で涙します。

そのため、教育実習から帰ってくると人が変わったように『大人』になるのです。

そして、その感動が忘れられず「教師になろう!」と改めて決意するのですが、現実はそう甘くなく、教員採用試験の結果が出る8月中旬くらいから焦って就活をするという学生が続出するのです。

巷では一般企業へのインターンシップが最近の流行ではありますが、企業側も受け入れても扱いに困り、社会科見学に過ぎないか、学校の授業の一環のような内容のものが多く、本当の意味で大人として社会に触れるという機会になっていないのが、実状ではないでしょうか?

しかし、教育実習は実際の教育プログラムに応じた実物の授業を行い、生徒を目の前にして、本当の大人としての振る舞いが求められ、しかも会社組織における上下関係や同僚同士の愚痴の言い合いから、飲みニケーションに至るまで、3週間でみっちりマスターしてくるという、本当の意味でのインターンシップになっているのです。

今年は3月からのエントリー解禁ということで、教育実習に行かずに就活する学生もいるとか。

せっかくの機会であり、しかも教員免許という立派な資格を手に入れることができのですから、ぜひ教育実習には行ってもらいたいものです。

そんな忙しい体育学生に成り代わって、ザッツは就活支援を行っています。
教育実習中の面談などはできませんが、日程の調整などを行い、体育学生と企業とを結ぶお手伝いをいたします。

ご興味がある方は下記までアクセス!

■体育会学生・アスリートの人材紹介ならza2■
企業様向けHP
www.za2.co.jp

体育会学生・アスリートの求職者様向けHP
www.za2.jp

流した汗は嘘をつかない。
さあ、次の舞台へ
アスリートの人材紹介・就職サポート
ザッツ株式会社